『Fly Me To The Moon』

おっちゃんモデラーの成長記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HGUC キュベレイ



実はグフカスタムが滞っている間に、着手しておりましたキュベレイさんです。


作るまでは思い入れなどはあまり無かったのですが、いざ仮組みをしてみたら…

まぁ



よく練られたデザインですこと…



僕はデザイナーという職業に尊敬の念を抱いています。


何かに特化するでもなく、なんとなく目を引き付けられる物を凝視するのは癖みたいなものになってます。

絵画、家具、建築、雑貨、

特に括りは気にせず、閃きを感じた物を好きになります。


しかし、このキュベレイに関しては完全に盲目だったと言わざるを得ません。



永野護氏は、アテナ像からインスパイアされてデザインされたのではないでしょうか…?




戦う女性像として、これら古代の産物からデザインを成形していく事で、目に馴染んだ女性らしさが表現できるのかも知れない。



と、かってな推測なので大きな事は言えませんが。














兜の形状がキュベレイの顔になっている事に何故、今まで気づかなかったのでしょう…

さらに衣服の胸から腹部へのラインはコックピットから縦のダクト、グレーのウェスト部分に表現されており、

フレアのヒラヒラは脚の曲線に投影されてます。


多分、僕の様に気付いていないけど潜在的に女性らしさを感じている人はまだいるのではないでしょうか?

取り残されたと思いたくないので、そう願いたい。



という訳で、基になったアテナ像の形状を踏襲したフォルムにしようと改修をしている最中です。










素組みの段階で気になったのは

・顔の大きさ

・縦に詰まったフォルム

・ダクトフィンを始めとしたディテールの粗さ

・手足の短さ

・寸胴なウェスト


これらを昇華させようと思います。


・頭部は頭頂部とアゴ下部を削り縮小

・縦に伸ばすよう、股関節を2㎜下へ。ウェストは5㎜弱延長

・ダクトフィンは切り落とし、新規プラバンにて作成予定

・二の腕は3㎜延長。足首は現在、思案中

・ウェストは女性特有の細さを出すためにエポパテでくびれを作成



今、進捗はこんな感じで推移しています。


まだバインダーの形状をいかに丸みをつけるか、

背面のファンネルコンテナの位置修正

足首の形状


などなど、工程は盛りだくさんです。



今まで全身に手を加える事など考えもしたことがないので、失敗したとしても確実に自分の模型作成が山場(ターニングポイント)になる予感がします。



そのぶん、キュベレイにはじっくり時間を掛けながら他のキットと同時進行していこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/08(金) 19:46:50|
  2. HGUC キュベレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画は味覚 | ホーム | 食わず嫌い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pulapulaatra.blog.fc2.com/tb.php/14-98c5020d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。