『Fly Me To The Moon』

おっちゃんモデラーの成長記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HGUC グフカスタムと③











グフカスタムがやっと完成しました。


また今回も頭を悩ませた分、それなりになったと思いたいところ。


とは言うものの、どこをどう見ても普通に作っただけに見えますね。


そうでしょう、そうでしょう。


本体そのものは別段、弄っていないからね…。


でも、随分悩んだんです。

とりあえず蘊蓄をつらつらと述べていきますと



まず、キットはとても優良な出来です。


会わせ目も少ないし、後ハメの処理をする必要もない。


プロポーションもいいし、素組みでも充分に見栄えするキットです。





この出来の良さが逆に悩ませました。



正直、誰が作っても『それなり』の完成度になるので、オリジナリティーなど表現するのは至難であるというのが仮組みをした後の印象でした。




グフそのものが、完成され過ぎたデザインである事を思い知らされました。



ザクには様々なバリエーションが存在するのに、後継機であるグフには多く存在しないのも解る気がします。



ザクはミリタリー色のある、『量産型』『改良型』をはじめとした派生デザインが多く自由度の高いMSですが、グフに至ってはミリタリー色がザクに比べ極めて薄くキャラクター色の強いMSであります。


それ故に方向性を見出だせない事が作成にブレーキをかける結果となりました。



ザクの後継機になるデザインなので
『ザクカスタム』っと言ったところでしょうか?



下手に弄りすぎると、ザクに戻ってしまうし



肩のスパイクがアールになっている為、リアル志向よりキャラクター志向が強い印象だし



キャラクター志向が強い分、近年のリアルグレードにあるようなパーティングライン(スジ掘り)が極めてミスマッチになる。



マイナスモールド、ボルトを型どった表現、丸型の段落ちモールド、ウェザリング表現、ダメージ表現 など数々の作例が既に多く作成されている。
(手を加えても、どこかで見た事のある物になってしまう)



結果、何もしない事に落ち着いた訳です。



やった事は

・ブレードアンテナのシャープ化

・ショルダーアーマー、脚のフレアを薄く削り込み

・モノアイをH-アイズに変更~埋め込み

・胸板に1㎜厚プラ板を貼り付け

・バックパックに極上しいたけを作成~取り付け

・バーニアにカシメを使ってディテールを強調

・ヒートサーベル形状変更

・ガトリングガン両手持ちに変更



以上です。


このキットを通じてスキルアップしたのは何処なのか?全くわかりません。


もしかしたら、これが自分の限界かもしれません。


成果に納得できなかった分、また次に向かうのでしょう。


目が利き、手先が動く限り模型を作り続けると思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/06(水) 00:14:48|
  2. HGUC グフカスタム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食わず嫌い | ホーム | HGUC グフカスタムと②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pulapulaatra.blog.fc2.com/tb.php/12-cb1a4444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。