『Fly Me To The Moon』

おっちゃんモデラーの成長記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンダムで見る男女のすれ違い

HGUC ジムを作成している傍らでTVシリーズの

「機動戦士ガンダム」を流しながらモチベーションを維持している私。


ジムが初登場するジャブロー編から見返し、いつの間にかソロモン攻略戦の手前まで時間を費やしております。


改めてファーストガンダムの作りの素晴らしさを再確認させられたのが


第33話『コンスコン強襲』


このエピソードでは、アムロの父ちゃん テム・レイが酸素欠乏症にかかってしまった事実を知ったり、


12機ものリック・ドムが3分も経たずに全滅したりとインパクトのある内容盛りだくさんなのですが


その中でも、


カムラン・ブルームとミライ・ヤシマのやりとりはかなり秀逸であります。





中立サイドである【サイド6】に立ち寄ったホワイトベース。


そこでミライは親同士が決めた婚姻の相手 カムランと再会をします。


ええとこのお坊ちゃんたるカムランは戦争を避けるために、中立サイドである【サイド6】へ逃げる選択をし


反してミライは成り行きとはいえ、民間人という立場でありながら地球連邦軍の正規兵としてホワイトベースに乗り込んでおりました。


思いがけない再会に嬉々するカムランは、ミライを早速お父ちゃんの所へ連れていこうとデリカシーのない誘い方をします。





この二人の会話は成立しているようで、気持ちが全く離れてしまっている演出がわかりやすい。





「君にはもう会えないと絶望していた。君を探すのに必死だった。」というカムランに、ミライは


「必死に…?」と返します。




この時、ミライの口から出た「必死に…?」は
自分への想いが本物なのか…?と淡い期待を一瞬でも抱いたのではないでしょうか。




なのに、お坊ちゃんなカムランは育ちの良さが素直に出てしまい




「必死で探させた。
いくら費用がかかったか知れないくらいだ。」




と、バカ丸出しのお家事情を口にしてしまいます。



いくら親同士が決めた婚姻とはいえどもミライは当時18歳の乙女です。頼れる男に依存したくもなるお年頃。



今、このご時世に「探させた」だの「費用がかかった」なんて言われたら、ほとんどの女の子が


あ、もういいです。


と即、見下り半でしょう。



しかし淑女たるミライは、まだカムランを試します。




「どうしてご自分では探して下さらなかったの?」




彼の行動を咎めたあとに




「結局、親同士が決めた話なのね。」




こう言うことで自分の不安と、それを解消してくれるだけの強い気持ちがあるかを確かめようとするのです。


なんと繊細な乙女心!


たったこれだけのやりとりで二人の状況が見えてしまう富野監督の演出は実に素晴らしい!




まぁ、そんな痛いカムランに「優男さん」と、
視聴者の代弁してくれるスレッガー・ロウ中尉がここで登場するわけでございます。



ミライにして見れば、一瞬にして現れた白馬の王子?に見えたかも知れませんね。


迷う自分を牽引してくれる男性に心も揺らぐ事でしょう。




と、
ここまでは劇場版「めぐりあい宇宙」でもカットされずに採用されたシーンなので、ご存知な方も多いはず。


秀逸なのは、実はその後のやりとりです。



TVシリーズで、この回の終盤にてホワイトベースは【サイド6】内で禁止されている戦争行為に致し方なく及んでしまいます。


その不祥事をカムランは、父の力を借りて揉み消す。とミライに歩み寄るのです。




「父の力を借りれば君がサイド6に住めるようにしてやれる」




トンチンカンなカムラン。



「ホワイトベースを捨てる私に…あなたは…、あなたは何をして下さるの…?」



涙目で訴えるミライ。




「…だから、父に頼んでやるって…さっきから…僕は…」




全く愚鈍にも程があるカムラン検察官。




「あなたは戦争から逃げすぎて変わらな過ぎているのよ」



現実を見て、と促すミライ。




「君を愛している気持ちは変えようがないじゃないか…」




……カムラン検察官…?




このバカの一言でミライの気持ちにひとつの諦めがつきます。




「…ありがとう。…うれしいわ。」




そう言い無重力の中へ身を預けカムランを残し漂うミライ。




実に見事!




完全に小学生にはわからない男女のすれ違い!!



理解しようと、しまいと、そんな事は全く無視してドラマを貫いた富野監督。あなたはやはり偉大です!。


こういう大人なエピソードは自作Zガンダムでも垣間見えますが、1979年のアニメで遠慮なくやりきってしまう所に深く感銘を受けてしまいます。



劇場版ではカットされた、このシーンは
大人になったガンダム小僧達に改めて見てほしいと切に願います。





しかし、ミライさんは大人ですね。



劇中の立ち位置は地味で、他の女性キャラを引き立てる役回りなんですが、



女性として、とても出来たひとだと思います。



カムランへの返答はどれも、賢さを感じさせる物ばかりです。



こういう人と恋仲になっても喧嘩にはならないかもしれません。



この後でカムランの好意を無下にする事でスレッガーさんからビンタされますが、
にも関わらず、むしろ彼に淡い恋心を抱いてしまうのも、彼女は頭が良く、自分の間違いを改心できるほどの理性をお持ちだからではないでしょうか。




そんな出来た女性を最終的にモノにしたのはブライト・ノア!



シャアとは違う目線で



「やるな、ブライト!」
と言いたくなってしまいます。




40を過ぎると、ヒロインよりもサブキャラの良さがわかるようになるもんですね~。




余談ですが、【超時空要塞マクロス】に登場する早瀬未沙はミライがモデルなんだそうな…






やはり美男、美女のビジュアル重視のアニメは味がない!と感じる昨今です。




ガンダムに萌え要素はいらない。


欲を言うとガンダムUCの“ミコット・バーチ”や“ミヒロ・オイワッケン”は、こんなに美女じゃなくても良かった様な気がします…




(ファンの方には失礼極まりないが……ごめんなさい)
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 17:40:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC ジムと③

今日までの進捗状況。






洗浄が終わり乾燥をさせているところですね~。


明日にはサフが吹ける事でしょう。


問題は塗装!


ウェザリングを見越して吹くならある程度ごまかしてしまってもいいんだけど、
マットな感じでグラデーションをかけようかなと思ってます。


塗装でも個性が出せればいいんですけど、まだまだ自分のスタイルを確立するには時間がかかりそう。


考えて、考えて


また手が止まってしまうのは不本意なので



その間にサッサと組んじゃいました。


次の課題はこちら!




HGUCのグフカスタムです。

さすがにナンバリング
117番 だけに、非常に組みやすいキットです。


良く出来てます。


良く出来すぎていて


『何をしたら良いのだ…?』




熟練のモデラーさんだと改修ポイントをすぐ見つけられるんでしょうが、



私にはどこか皆目見当もつきません…

(-_-;)


モデラーズギャラリーから課題を与えて頂こうと思います。
  1. 2013/01/24(木) 23:10:36|
  2. HGUC ジム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC ジムと②

さて、継続中のジムさんです。


唯一、プチ改修してしまった足首ですが…


こいつを分断します。






こんな感じで切り落としました。



誰でもできる工作ですね。

でも、素人の私には全てが気の抜けない作業です。






真鍮パイプとプラ棒を差し込んだだけです。


こんな作業でも2時間弱かかってしまいました…
(-_-;)


ささやかなディテールアップですが、やるとやらないとでは違うので


やってナンボ
ですね。



で、全体的な筋掘りを施して今は80%ってところかな!








この写真では何だかわかりませんね。


一応、RGガンダムのモールドを入れられるだけ入れてみました。



あとはフェイスとバックパックを残すのみ。


さて、どんな仕上がりになる事やら。



最近は塗装の際にせっかちになって失敗につながるケースばかりなので


このジムはゆっくり慎重に行きたいと思います。





で、
明日はフジテレビで深夜にモデラーを特集した番組を放送するらしいので、とても楽しみ。



ナレーションがシャア・アズナブルこと池田秀一さんという贅沢なものですが、
番組の構成が偏ったものになってない事を祈ります。
  1. 2013/01/22(火) 22:41:44|
  2. HGUC ジム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC ジムと

今、着手しているのはこちら。










ハイ。HGUCのジムですね。



それまでMGをメインとしてコツコツ作っていたのですが、



技術が向上しない…という挫折を抱いたままではアカンやろー


そう思いたった時にコイツを手にしました。


→ 初心に還る


これが今回のテーマです。


でも素組みで終わらせては、やっつけ仕事で何も残らないので



→→ 筋掘りに徹する




これを付け加えたいと思います。


お題

『ジムを筋掘りでどこまでできるか、やってみよう!』



では、早速取りかかるとして…!


実は開封して既に一週間経過しています。






仮組みを終えて計画を練ってみる。






…プロポーションの変更は…





いやいや今回は考えない。





…筋掘りはどんな感じで…



生兵法はなんとやら。何かをパクろう!







てな訳で、参考資料はRGのガンダム。そしてTHE ORIGINから拝借。








写真、わかりにくいな…


一応、上半身 上腕 下腕に筋掘り


殆どRGのラインを参考にBMCタガネ、エッヂングソー、ニードル、ケガキ、お手製精密マイナスドライバーを駆使し、ひたすら







ホリ
ホリ
ホリ
ホリ







あ、はみ出した…







黒い瞬間接着剤






ぬり
ぬり
ぬり
ぬり





気の長い作業です。





いろんなモデラーさんの作例を良く見ますが、本当に皆さん器用且つ精度が高い。






35年前のガンプラブーム時には考えられなかったくらい、プロ並みの腕を持った方々のなんと多い事か…




恥ずかしいけど、ガンプラを愛する気持ちだけは変わらないのだから


技術は劣っても、まずは作る事だよ、うん。




そう言い聞かせながら作業を続けています。






たぶん一番の難所となるのは足首…!








切り出ししたはいいんだけど、イメージした通りにできるのかなー…(苛!)





ちょっと不安。





あ、
(・。・)





筋掘りに徹するはずだったのに







切ってるな…







まぁ、いいか。
  1. 2013/01/20(日) 18:24:02|
  2. HGUC ジム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

milliondollar





後れ馳せながら、やっと見た
『ミリオン~……』



監督の映画は賛否が分かれるんだろうな。


今や第一線の監督として認知されてるけど


「不条理」
「業」
「贖罪」
「尊厳」


そんなテーマが複雑に絡んで頭から離れなくなるから


前以て、『腹くくって見るぞ』って態勢でないと見れなかった。



んで、重い腰をあげた。




ラストで涙でちゃったなぁ~。


まさか泣くとは思わなかったから自分でも驚いた。


悲しくて泣いたのか、
やるせなくて泣いたのか


よく、わからないけど泣けて泣けて…



やっぱりイーストウッドはすごかった。



なぜ、登場人物にそこまでさせるのか?


作り手として独自の哲学が確立してるからできるんだろうと思う。



キャラクターに動機があって、
動機に沿った出会いが用意されていて、
出会いから外界が広がって行くんだけど

そこでいろんな出来事に遭遇する。



――――――――――――


出来事って、やっぱり外の世界と繋がっているからこそだと思うんだよね。


でもイーストウッドの映画は外界があまりにも情け容赦ないから、客観的に見る事が辛くなってくる。


ちょっと矛盾してるけど主観的に見るのも辛い。


どのキャラクターに自分を投影したら救われるのか、

慣れない人は脳内が情報処理できなくてパンクしてしまうんじゃないかな。なんて余計な心配をしてしまう。



もしかして自分が泣けたのは、


どの主要キャラクターに自分を投影しても
背負わされるものが「悲しく」「重い」のが辛くやるせないからなのかもしれない。


反面、この上なく人の意志や尊厳を想っているから
ラストの決断は胸に迫る物があるんだろうー…。




生きるってキレイじゃないんだよ。

かと言って死ぬ事を容認している訳じゃない。容認してるなら生まれてくる意味がない。


酒の席で、こんな話題を投げ掛けられたらめっちゃブルーになって引きまくるけど



でも監督は、シラフの我々観客に超難問をビシバシ放ってくる。





理不尽な出来事の中に尊厳を見出だすなんて無理。

その尊厳には美徳もあるんだろうけど、一般的にはタブーとされる部分がある。

生と死について
「何が正しいのか」

それについて考えてみないか?


そんな事はどうでもいいだろう?


両極端なお題を投げ掛けてくる。




で、最終的に答えらしい答えなんて無いと思わないか?
と、正解なしで映画を終わらせる事ができる。



やっぱりイーストウッドは凄いお方だ。
  1. 2013/01/19(土) 23:19:12|
  2. 映画

MG ガンダムGP03S ステイメンと






とりあえず完成。

10年前のキットであるコイツ。


仮組みをしてみた第一印象は



「顔でかっ!」


というわけで顔の改修を前提に初の本格的なプロポーション変更に着手。



最初はモチベーション高かったんだけどねぇ~。


それでも頑張ってここまでこぎつけました。




その都度、その都度
写真撮影をしていないので、、、


改修ポイントは箇条書きとします。



画像が見にくくて申し訳ございません。


↓正面からの全体









↓塗装前の状態








この子の改修ポイントは


①顔の小型化とライン変更。

②胸部 コックピット開閉部を奥へ2㎜移動

③腹部上部(コアブロック接続箇所)3㎜ クサビ状にプラパンとポリパテ、エポパテで S字立ちになるよう形状変更


④腹部から背面のラインが大きく間延びするので、上半身(Aパーツ) 脇の下にエポパテでプレート状のフォルムを追加。


⑤フロントアーマー 横幅0.5㎜増し。

⑥両足爪先 両側0.5㎜増し。 


⑦肩アーマーの幅増し。



こんなもんだったかな…





一番苦労したのはやはり顔。





↑すでに手を加えた後ですが、



私が気になったのは、オデコのラインと、マスクの位置。
そして横に長いカメラアイ。



とても個人的な見解かも知れません。


自分が劇中で見たステイメンと、ちょいとイメージが違うので思いきって改修しました。


↓改修塗装後です





元々、ステイメンのネックとなったのは、オデコライン(ひさし上部)だと思いました。


→  ̄\/ ̄

これを

維持させるには

もっと言うと、二次元ではごまかしが利くが 三次元では無理があるラインを保つには


ちょっと強引に整合性をつけるしかないかな…と。


そこで、エイリアンのような丸みを帯びたフォルムから

シャープなデコラインへ切り替えるフロックとして
『ジム クウェル』のオデコラインを取り入れてみました。



↓塗装後のアップ②




敢えてラインが 丸みを帯びた部分から 直線 に切り変わる所 ここへはスミイレをしていません。


遠目からは目立たないよう、

オデコラインと重複して、うるさくならないようにする為の配慮です。






元々、ステイメンの全体図って劇中はほんの僅かしか出てないんですよね。

そんなに拘る必要もなかったかもしれませんが、デンドロビウムから覗かせる顔には近づけたのではないかと思います。








メタリックテープを使ったり、


サブスラスターに穴を開けたり、


肉埋めしたり、


股関節の稼働範囲を広げたり、


色々、初のチャレンジをしてみたのですが


『不出来です。』



アイデアはそれなりに良かった気もするのですが…


下地処理の甘さ。


塗装技術。


ディテールアップ等々


未熟さばかりの心残りな作品だったと痛感しました。





一度、基本に帰りたいと思います。(…涙)











最後までご覧いただきありがとうございました。
  1. 2013/01/18(金) 17:39:19|
  2. MGガンダムGP03S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。