『Fly Me To The Moon』

おっちゃんモデラーの成長記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月光蝶 再び

早速ですが、モデラーズギャラリー様に過去作『天翔る蝶』を投稿させて頂きました。

こちらでございます→モデラーズギャラリー様


沢山のモデラー様からコメントを頂けて感激を通り越して動揺するほど歓喜にむせいでおります!

皆様ありがとうございます!



今回、投稿するに至ったのは4月に発売される HG ターンエーガンダムの登場(祝!!)


更に、プレミアムバンダイにて『月光蝶ユニット』の発売!!


これを見たときに
なんか、ヤバいかも…!!と、
訳のわからない危機感に襲われ、親しくさせて頂いているモデラーさんからも
「いつ出すの?」と促されていた事もあり急遽、手直した上で投稿すると決めた次第であります。

GBWCとの変更点などは全て投稿欄にコメントさせて頂いているので、ちょこっとオフショットを…

左は新規に作成したものです。

前回のは力が入りすぎて少しケバケバしさがありましたので落ち着いたイメージにしました。
カラーについてはオッシャレーな雰囲気を取り入れたかったので『アナスイ』のテイストを参考にしています。

微妙な虹色グラデーションには本当に苦労しました。

頃合いが難しいんですよ、これが!実は!

自分としては「程々に」を意識したつもりです。



ベースは木を追加し、更にディアナ様を作成してみました。


元々はHi-νガンダムに付属していたアムロをディアナ様に性転換手術です。
ここで遂に老眼鏡のお世話になることに…

はぁ~

これが現実か!

そして更に頭を悩ませたのが背景。


実はこれ、2枚目なんです。

厳密にはGBWC投稿の物を加えると3枚目ですね。

背景ボードから全面に配置する関係で羽根の大きさと光の表現が中々噛み合わず何度も何度も吹き付けをしました。
(すっっっごくめんどくさい!)
その都度色も変えなきゃいけないし!

これらの色以外にも5色以上の色を使いました。本当にバカな事に手をつけたと後悔しそうにもなり…

しかーし!
愛する∀ガンダムの世界観を具現化するのだ!という思いで頑張りました。



本体とベースと背景をドッキング!






最後に背面


前面とは違いほぼツートーンです。
キャラクターフレッシュでグラデーションをしています。
これ、裏面まで虹色にしてしまうとクドくなりすぎるのを前回で学びましたので
あくまで影にするため、前面の虹色部分に当たる所だけ明るくしています。
(手抜きじゃないですよ!)

珍しく長くなりましたが、最後までお付き合い下さってありがとうございます。


そして支持して下さった全ての方に感謝とお礼を申し上げます。

本当に
本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2014/03/19(水) 15:51:17|
  2. ∀ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月光蝶~続き、

本当にブログ開設したのが意味ないくらい更新を怠っている不届き者です^^;

ここらで筆を取らないと(←筆?)マズイなぁ、と一念発起でやってます!


月光蝶のその後、結構怒濤の数ヶ月でして、いろいろと目まぐるしいサプライズ月間でした。

それはまた追々(信憑性 低)





えー、月光蝶でしたね!





これが完成品なんですが、
当初は羽だけ作って終わりにするつもりだったんです。

ですが、ターンエーガンダムの独特な世界観。そのテイストをひとつにまとめたいという欲が出て
人生初のジオラマに挑戦してみました!




いわずもがな、ターンエーといえば
『蝶』
『月』
『牛』などなど



色々、キーワードがありますので、それをワンプレートに盛り付けした感じです^^





背面は至ってアナログ。
ケント紙のボードにアクリルガッシュで描いたものです。



絵なんて普段描かないから、画材屋さんに行っていろいろ買ってきました。

思いの外、高い出費!痛恨~!(。>д<)





一通り塗ったあと蛍光クリアを吹いてブラックライトでも楽しめるようにしております。





え?自己満足?
えぇ、仰る通り。

自己満をしなければ成長も終わりもございませんから、これでいいのだw






ベースは初めからイメージが決まっていてました。
『小島』
『木』
『湖』
『月灯り』
『牛』




ハイっ!
牛がダブっている事に気づいた そこのアナタ!正解です!
牛はネタです。

こういう遊びがある方が楽しいからです。

え?自己満足?
えぇ、仰る通り。

自己満をしなければ成長も終わりも……
(ごにょごにょ…)








続けます。



この感じってターンエーガンダムの最終回
『黄金の秋』に凄くインスピレーションを貰ってるんです。

もちろんタイトルが指しているのは「実りの秋」という所なんですが、
月を出さねばならないので紅葉した色味はつけられなかったという…(笑)


反面、月灯りを出す為にあちこちに蛍光クリアをはじめ、要所 要所に色をいれてます。


水面はアクリル板も考えたんですが、少しだけ波打っている方が僕のイメージに近いので
鉄道模型で使われる『リアリスティックウォーター』を使いました。



メディウムとか沢山種類があるんですけど、如何せん初のジオラマなので何がよいやら解らず
知識を入れる事にかなり時間を費やしたと思います。
(遠い目・・・)


小島は百均で売っている
軽量紙粘土 で形を作り
その上からシーナリーパウダー(白)をサッサッサ~とまぶしました。

その上から蛍光ブルー、蛍光グリーン、蛍光ブルーグリーンを塗装してます。

ちなみに白樺の木や草にも同じく色を乗せました。

見よう見まねでやってたんですけど、これが実に楽しい!!


ジオラマって、めっちゃ楽しいやん!!


齢40を過ぎ初めてジオラマの楽しさに触れハンドピースを握る手も自然と震えました。(ぷるぷる…)


実はこの完成写真の現物は、3つ目なんです。

つまり前二作は物の見事に失敗しました。


水面がなかなか上手く表現できなくて、かなり苦戦を強いられたんですが
そんなの当たり前です。

だって、初めてだもん。
何事も経験です!


裏を返すと、失敗してもやり直したいと思えるくらいジオラマが楽しいって事です。゚+.(・∀・)゚+.゚!!


また、いつか、必ず挑戦します。






んでー、紆余曲折を経てこんな感じになりました。
















こんな感じです。

で、こいつを GBWC2013 に応募しました!

初のコンテスト出品。しかも世界大会。

まー、ぶっちゃけ参加するのが目標だったので
応募完了した時点で満足し結果云々は、どーでもいーやーと思っていました。

幸い一次審査を通過したので、もう感無量です。

矢吹丈状態です。


先日、副賞でこんなものが


バンダイさん、ありがとうございます。



しかし長い期間を要したお髭様ですが(4ヵ月くらい?)いろんな発見があって楽しかったなぁ。

きっかけを下さった方、辛い時に支えてくれた方、進捗に激励を下さった方、
たくさんの人に恩恵を受けたと思っています。

本当にこの場を借りてお礼申し上げます。


どうもありがとうございました。
  1. 2013/11/03(日) 20:31:30|
  2. ∀ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ターンエーガンダム 月光蝶

早いもので9月を迎えてしまいました。
思えば前回、更新をしたのが2ヶ月前という体たらく…

あぁ…情けない(´・ω・`) ショボーン

どうも自分の事だと全て遅くなってしまう性分でございます。


さて、

前回「月光蝶」の途中経過をツラツラと述べておりました。

こんな感じになりますよー。といった具合に写真を掲載してましたけど…


いざ、塗装してみたら

「なんか違う!」


「塗装剥がしてもう一回!」


「やっぱりなんか違う!!!」


そーなんです。

ここまでやっておいて、

自分のイメージと全く違うものが目の前にありました。




これがその写真なんですが、

なんか、羽の形が中途半端!

しかも配色がエヴァ初号機!


((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


(;´゚Д゚)ゞ困ッタナ...

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


これで完成としては、あまりに不甲斐ない。

しゃーない。

やり直そ。

てな訳で こだわり>めんどくせ で、こだわりを取ったのです。
il||li_| ̄|○ il||li

もちろん、そのままでもいいんじゃね?
とも思いましたが
「ディアナ様の法の裁きを受けて頂く!」とハリー・オードに言われている気がしてしまい泣く泣く一から出直しする事に決めたとさ。


で、デザインはこんな感じに



0.5㍉のプラバンに書き写して(アナログ)

デザインナイフでカリカリカリ…

前まではホットナイフで切ったのですが、熱で溶けたプラが盛り上がり余計なバリとなってしまい

これをヤスリがけするのはとても手間がかかるので

デザインナイフのみで切り落としました。

表面処理は600番からのペーパー当てで済んだので、

初めからそうすりゃ良かった。と痛感しました。

出来上がりはこのように



結局、ここまで来るのに仮物を含め 計8枚も羽を切りました。

もうキ◯ガイ沙汰ですね。

ナイフの替刃は1ケース丸々使いきりました。


(A;´・ω・)アセアセ



次!塗装!

先にも述べたようにエヴァ初号機にしてはイカンので色をふんだんに使う事にしました。

幸い幻想的な画像を見つけたので、そんな感じになればいいなーと、それを見ながら8色?くらい使ったかな?

この画像を我流で研究しました。




んで出来たのがこれ!



蛍光塗料にプラスαで調色したので、もうレシピはさっぱりです。

とりあえず初号機のイメージから抜けられたので、やっと段階を越える事ができました。

本来ならここで終わりなんですが、ターンエーガンダムの世界観をもう少し再現できないだろうか?と思い
一味、二味加える事に。。。


人生 初となるジオラマに挑戦です!

ちょっと長くなるので(集中力が切れたというのはここまでの話)次回、その内容を記述いたします。

では、ばいなら

ヾ( ゚Д゚)ノ゛
  1. 2013/09/13(金) 00:16:02|
  2. ∀ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

∀ガンダム

長い事、ブログに手をつけてなかったのでそろそろやらねば…!

この2ヶ月の間に
初のモデラーズギャラリー投稿や
静岡ホビーショーで初めて拝謁させて頂いたモデラーの皆様の事、

沢山、書く事があったんですが後手を踏んですっかり時期を失ってしまいました!

反省……


もうちょっと、ちゃんとせねば!
(`・ω・´)シャキーン


というわけで只今、お髭様を作成しております。

相変わらず素組みメインですので何も面白くないといえばそれまででございますね、ハイ。il||li_| ̄|○ il||li


ま、前置きなどはどーでも良いと言うことでお許し下さい!

では、早速参ります。

まず、顔です。


もう言わずと知れたお髭がキュートな∀ガンダム。

ほんの少し手を入れました。



ヒゲはシャープに、下部を削りました。
トサカは5㎜延長、口は1㎜前に出しました。

正面から


真四角の口は台形になるようにしてちょっと精悍な顔つきにしたつもりです。

弄ったのはこんなもんです。

後は塗装で、



背面のスラスター。
ちょっとギラつきを抑えたシルバーにして、
ほんの少し青っぽくしてます。

劇中で青く光りながら噴射するカッチョいいスラスター。

ほんの少しでも再現したいのでパーツの基部(シルバーの奥)に青を吹いてます。

ちなみに写真では全く見えませんが、本体の白、
キワのところにガイアのプリズムカラー
(パープルグリーン)でグラデーションしています。

続いてシールド


こんな赤にしてみました。


で、全体


全体のカラーリングは従来の
「赤」「青」「黄」を用いず 近未来的なイメージにしたつもりです。

ちなみに本体色の白は、下地に調色したブルーシルバーを吹いてから隠蔽力を抑えたホワイトで。

更にその上からパールホワイトをグラデーションしてオモチャっぽくならないように意識してみました。

月明かりを浴びた「白」ってな感じになったかなー?これ。

で、これで終わるつもりだったんですが、


『おい。月光蝶、どーする?』
という声が聞こえてきまして…


尊敬するモデラー様からも背中を押され、一念発起で作る事にしました!

いろいろ調べたら既製品であるんですよね、これが。




背面だけでごめんなさい。

さすがにこれと同じものを作ってもあまり意味がないので自分なりにデザインを考えてみました。

第一案



仮組み


( ゚Д゚)ハァ?
イマイチ。。。。
羽もちっさ!!

で、第2案


仮組み



なんか、こう…
もう、ちっとなんかしっくり来ないね。
(´・ω・`) ショボーン

で、第3案

左が書き直した方です。

仮組み


よしっ!

これでいこう(`・ω・´)ゞ




てなわけで現在進行中でございます。


やり方はとてもメンドクサイですが、なにぶんアナログ人間なので、1からデザインナイフでコツコツ切り出してます。


かなり細かい事を省いてしまいましたが、ま、いいよね!

こんなんで完成はいつになるやら…
_s(・`ω´・;)ゞ .. んん??
  1. 2013/07/02(火) 05:03:46|
  2. ∀ガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。