『Fly Me To The Moon』

おっちゃんモデラーの成長記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HGUCキュベレイ頓挫

手をつけ始めてから早くも、ひと月以上経過してしまったキュベレイさん。



しっかり精面処理をして、全体のバランスに注視して、


それなりに前向きに取り組んでいました。


が、











『頓挫しました。』












( TДT)( TДT)( TДT)




ガーン…









理由は色々ありまして、ハイ…。




もともと、じゃじゃ馬 ハマーン様が乗っていたから(?)

作っていて、コレジャナイ感が尋常ではないくらい頭をもたげまして、、、

やっても、やっても美人にならないんです。


そう、

彼女と一緒に服を選んで、フィッティングルームへ試着をさせても
『あなたが選んだのは、どれもイマイチだね』

と、言われているかのような?

『センスのない俗物が…!!』

と、罵られているかのような?


そんな気分に囚われてしまいまして…。




気位の高い(高飛車な)女の子といるのは身の丈にあってないと自覚したわけであります。



今の僕では幸せにできない。


少し時間をくれないか。


必ずまた迎えに行くから。


その時が来るまで待っててくれ。



と、キュベ子に告げました。


『うん…。待ってる。きっと帰って来てくれるって信じてるから…うっうっ


と、泣いていたかは定かじゃありませんが


一旦、距離を置くことにしました。



!!(゜ロ゜ノ)ノ

なんか、やたらリアルなやりとり!

どれほど酷い男だったか、読んでいる方はお察しがついてしまうでしょうね~~(笑)


いや、でも、まじで、
今の自分の技量では、にっちもさっちも行かないんですよ。


全てが中途半端ならまだしも、自分の満足を得られる 境界線 が完全にぼやけてしまって

このまま組んだとしても、嫌いな完成品になるな。と確信してしまったんです。

アイデアもカラッカラに枯渇してしまって、ありきたりな妥協策の塗り重ねになっちまうんでないかい?と思ったら手が完全に止まっちゃいました。


つまり、中級者の壁から逃げ出したっちゅー事です。


もう、負けを認めます。

僕はHGUCすらマトモに作れないヘタレモデラーです。
僕はヘタレモデラーなんですよぉぉぉぉぉぉ!!


(↑ロラン・セアック君調に叫んでみる。)


ま、そんな感じで白旗を挙げたらまた新しい課題をみつけました。

見直したと言った方が正しいのかな。


私、普通の素組みに戻ります。
(↑年代が………)



でも、ただ素組みをするわけじゃありません。

ちゃーんと、見るに堪える物になるように基礎からやり直そうと決めました。

下手なスジボリも、浮いて見えてしまうディテールアップパーツも用いません!


素組みこそが自分の生きる道と信じて!


さぁ!いざ!








ハイッ!











MS界の金太郎、ゴッグさんです!

これなら、余計なスケベ心が出る余地もござぁせんっす!

でも~~

ちゃんと組まないと目も向けてもらえません。



素組みでもハードルは高いんです!

今はキュベ子の事を忘れ、金太郎と相撲を取りたいと思います


ハッケヨイっ!!
スポンサーサイト
  1. 2013/04/09(火) 23:55:13|
  2. HGUC キュベレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC キュベレイ②

先日から鑑賞しはじめた
『∀ガンダム』


あまりのハマり具合に模型の進みも鈍くなりました。

ヾ(@゜▽゜@)ノ


キュベレイ 現在の進捗状況です。


まだ全体が見えていませんが、構想の中で“ある物”が必要になりました。



それは…



ジャーン!






バキュームフォームです!
タッパーとフォトフレームで作ってみました!

パンチングのアルミプレートが近所になくて探し回ってしまいました。

品揃えの悪い、田舎ならではです。

しかし…自分がバキュームフォーム?
まさかねぇ

自分が使うようになるとは正直、夢にも思ってもいませんでした。


これに着手しなければならないと判断させたキュベレイには、感謝しなければいけないのカモ!?


実際に使うのはもう少し先になると思います。


今、パーツの表面処理に勤しんでおるところなので。




表面が思いの外、きれいな曲線になってないんですよね。

もちろんダボピンの関係でヒケも如実です。

400番のペーパーで



コツコツと…






シャリシャリシャリシャリ…






右がヤスリした物です。

写真が小さいので見辛いかもしれません(ごめんなすって)

曲面の状態を蛍光灯で陰影をつけながらチェック、チェック。

そんなこんなで、ひとつに30分かかるわけです。





そしてバインダー

これもフチを薄々にします。






コツコツと







シャリシャリシャリシャリ…








これをあと3枚やらなきゃならないんですねー。
気が遠くなって失神しちゃいそうです。






でも疲れたら…今は∀ガンダムがある!


息抜きしながら見ています。

そして半分の25話まで到達。



半分しか終わっていないのに本当に面白いです。


10年以上、この存在を無視していた自分をつくづく恥ずかしいと思いました。


僕は大きな誤解をしていたようです。

キャラクターは魅力的だし、あのヒゲのガンダムは実際に動くと物凄くカッコいい!


おかげでMGの∀ガンダムが気になって仕方がない。

何が泣かすって、フィギュアに『牛』が同梱されているところが泣かすじゃないですか!

泣かすじゃないですか!って言ったって見てない人には、なんのこったか分かりませんね。



とりあえずキュベレイが先か∀の鑑賞が先か、


そんな状況でございます。
  1. 2013/03/10(日) 18:29:51|
  2. HGUC キュベレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC キュベレイ



実はグフカスタムが滞っている間に、着手しておりましたキュベレイさんです。


作るまでは思い入れなどはあまり無かったのですが、いざ仮組みをしてみたら…

まぁ



よく練られたデザインですこと…



僕はデザイナーという職業に尊敬の念を抱いています。


何かに特化するでもなく、なんとなく目を引き付けられる物を凝視するのは癖みたいなものになってます。

絵画、家具、建築、雑貨、

特に括りは気にせず、閃きを感じた物を好きになります。


しかし、このキュベレイに関しては完全に盲目だったと言わざるを得ません。



永野護氏は、アテナ像からインスパイアされてデザインされたのではないでしょうか…?




戦う女性像として、これら古代の産物からデザインを成形していく事で、目に馴染んだ女性らしさが表現できるのかも知れない。



と、かってな推測なので大きな事は言えませんが。














兜の形状がキュベレイの顔になっている事に何故、今まで気づかなかったのでしょう…

さらに衣服の胸から腹部へのラインはコックピットから縦のダクト、グレーのウェスト部分に表現されており、

フレアのヒラヒラは脚の曲線に投影されてます。


多分、僕の様に気付いていないけど潜在的に女性らしさを感じている人はまだいるのではないでしょうか?

取り残されたと思いたくないので、そう願いたい。



という訳で、基になったアテナ像の形状を踏襲したフォルムにしようと改修をしている最中です。










素組みの段階で気になったのは

・顔の大きさ

・縦に詰まったフォルム

・ダクトフィンを始めとしたディテールの粗さ

・手足の短さ

・寸胴なウェスト


これらを昇華させようと思います。


・頭部は頭頂部とアゴ下部を削り縮小

・縦に伸ばすよう、股関節を2㎜下へ。ウェストは5㎜弱延長

・ダクトフィンは切り落とし、新規プラバンにて作成予定

・二の腕は3㎜延長。足首は現在、思案中

・ウェストは女性特有の細さを出すためにエポパテでくびれを作成



今、進捗はこんな感じで推移しています。


まだバインダーの形状をいかに丸みをつけるか、

背面のファンネルコンテナの位置修正

足首の形状


などなど、工程は盛りだくさんです。



今まで全身に手を加える事など考えもしたことがないので、失敗したとしても確実に自分の模型作成が山場(ターニングポイント)になる予感がします。



そのぶん、キュベレイにはじっくり時間を掛けながら他のキットと同時進行していこうと思います。
  1. 2013/03/08(金) 19:46:50|
  2. HGUC キュベレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。